閉じる
閉じる
閉じる
  1. お宮参りに一緒に行く人は?
  2. お宮参りに必要な道具はなに?
  3. お宮参りのお祝い金はいくら?
  4. 祝い着のレンタルについて
  5. お宮参りの記念撮影
  6. 初穂料と玉串料
  7. お宮参りのときの母親の服装は?
  8. 赤ちゃんの服装(祝い着)はどうする?
閉じる

お宮参りの準備【段取り・当日の流れ】が分かる

カテゴリー:お宮参りの豆知識

かつてお宮参りには、赤ちゃんの両親と父方の祖母が付き添うのが基本でした。赤ちゃんは父方の祖母が抱くというのは、産後の母親の身体をいたわるという意味もあり理にかなったしきたりといえます。しかし、現在は父方・母方どちらの祖父母も揃ってお祝いをす…

お宮参りの際には、赤ちゃんを抱いてその上から大人と一緒に祝い着を羽織りますが、 その時、背中に結んだ着物のひもにお道具を結わえる風習があります。お道具と呼ばれるものは、扇子や犬張り子、でんでん太鼓などでひとつひとつが言われのあるかわいら…

お宮参りは昔からの習慣でも家族内のお祝いなので、ほとんどの人が出産祝いを贈っている場合が多いと思いますのでお祝い金は必要ありません。しかし、お祝い事である事から気持ちでもお祝い金を包みたいと思ってしまうものです。そんなときのお祝い金の相場…

祝い着はお宮参りの時に、お祝い着として着用する晴れの日の着物です。お宮参りとは、赤ちゃんの誕生を祝う行事の一つで、生後1ヶ月頃の都合の良い日を選んで神社に参拝し、健康と長寿を祈ります。使用する際は、赤ちゃんにマントのように羽織らせてあげるの…

お宮参りとは赤ちゃんの誕生を祝い、健やかな成長を祈る行事です。赤ちゃんが産まれて初めてのイベント、神社へのお参りを記念して、家族で写真を残しませんか。お宮参りの写真は、家族の成長記録の1ページ目になります。なかなか家族全員で写真を撮る機…

お宮参りの時にお支払いするお金のことを初穂料、玉串料と呼びます。初穂料とは・・・「初穂」とはその年に初めて収穫されたお米のことです。初穂は神様にお供えし感謝の気持ちを表すのですが、生産者以外の人、また季節がずれると初穂は手に…

・お宮参りのときの母親の服装が着物の場合 着物を着る場合、母親は色留袖や訪問着の着用となります。落ち着いた色で、清楚なものが好まれるようです。着物は体型カバーという意味では重宝しますが、慣れていないと帯のしめつけがきつかったり、気分が悪…

お宮参りの赤ちゃんの正式な服装は、母方の実家が贈った祝着となります。男の子には婚家先の定紋が五つ入った白羽二重で熨斗目模様の紋付の祝着、女の子には白羽二重で綸子地や縮緬地に花柄をあしらった友禅模様の祝着が多く用いられます。お宮参りの…

ページ上部へ戻る