閉じる
閉じる
閉じる
  1. お宮参りに一緒に行く人は?
  2. お宮参りに必要な道具はなに?
  3. お宮参りのお祝い金はいくら?
  4. 祝い着のレンタルについて
  5. お宮参りの記念撮影
  6. 初穂料と玉串料
  7. お宮参りのときの母親の服装は?
  8. 赤ちゃんの服装(祝い着)はどうする?
閉じる

お宮参りの準備【段取り・当日の流れ】が分かる

祝い着のレンタルについて

祝い着はお宮参りの時に、お祝い着として着用する晴れの日の着物です。お宮参りとは、赤ちゃんの誕生を祝う行事の一つで、生後1ヶ月頃の都合の良い日を選んで神社に参拝し、健康と長寿を祈ります。使用する際は、赤ちゃんにマントのように羽織らせてあげるので、サイズは全て同じです。男の子は鷹や兜の柄から、女の子は愛らしいお花柄まで、いろいろあります。
赤ちゃんの祝い着は、一般的には母方の実家で用意します。
男の子も女の子も、祝い着はお直しをすれば七五三の時に、それぞれ5歳と3歳で使うことができます。
しかし最近では少子化の為、何回も利用しなかったり、収納や保管上の問題や、金銭面の問題などからレンタルする家庭も増えています。レンタル衣装なら、安くて収納の心配もなく気軽に利用することができます。お宮参りと七五三で違う着物を着れるのもいいみたいです。もちろん購入される場合は、孫の代まで着せたりと楽しみ方もあるようです。
家族で話合い、購入するかレンタルするか決めるとよいでしょう。
レンタルする場合は、レンタル専門店や写真館で借りることができます。写真館で借りる場合は、写真撮影も込みになっているので記念撮影も忘れずに残しておきましょう。

関連記事

  1. お宮参りに一緒に行く人は?

  2. 赤ちゃんの服装(祝い着)はどうする?

  3. お宮参りの記念撮影

  4. お宮参りのときの母親の服装は?

  5. 初穂料と玉串料

  6. お宮参りのお祝い金はいくら?

ページ上部へ戻る